競技会参加における留意事項

監督・コーチ・競技者のみなさんへ
~ 競技会参加における留意事項 ~

  1. 監督・コーチは,競技会要項の決定事項を確認の上,競技会前の監督者会議に必ず出席し,決定された指示や要望事項を競技者に確実に伝達すること。また,競技者はその指示および要望事項を遵守すること。
  2. 招集所には,指定された時間に必ず集合すること。集合していない集合は棄権とみなされる場合がある。
  3. 一時的に競技能力を高める目的で,ドーピングに関わる規定において禁止されている薬品または嗜好品等を用いてはならないこと。
  4. 作為により自己の競技能力を低下させないこと。
  5. 招集所からスタート台までの誘導は,招集員が行うのでその指示に従うこと。
  6. 競技中は,次の競技者はスタート以前に水に入らないこと。
    (これに違反すると失格として競技から除外される)
  7. スタート台後方にある競技者用椅子に,ウェア,タオル等を駆けないこと。
    (用意された衣類箱等に納める)
  8. 選手紹介に際しては,椅子から立ち上がり一歩前に出る。
  9. 出発合図員の「用意」の号令が発せられたら,直ちに構えること。構えたらピストルがなるまで静止していること。
    (作為によって遅らせた場合は,他の競技者を妨害することになり,失格となる)
  10. 全自動装置を使用している場合は,タッチ板の有効面内に十分な圧力をもってタッチし,装置を作動させること。
  11. ゴールしたら,速やかに水から上がること。特にリレー競技の場合は,引継ぎの判定,ならびに全自動装置の作動を妨げないように注意すること。
  12. 競技が終了したら,競技者は速やかに退場すること。
    (計時員に記録時間を聞いたりしないこと)
  13. 入賞者は,表彰式の進行に協力し,指導員,表彰係の指示に従うこと。
  14. 観戦は選手席ですること。
  15. アリーナへ出て応援してはならない。また,監督・コーチは,役員の許可なくアリーナへ入らないこと。
  16. 競技中コーチを行うと,その競技者は失格となる。
  17. 「競技会において着用,又は携行することができる水泳用品,用具の商標ロゴマーク等についての取り扱い規定」に違反する物品をアリーナ内で着用・携行して宣伝・広告の媒体にならないこと。

ページのトップへ arrow_03